太陽光の量と日焼けの関係性について

紫外線に含まれているA波は、ガラスを通過してしまう特質性を持つため、部屋の中にいるときも日に焼けてしまう確率があるんです。紫外線には、A波とb波があります。B波は曇りの日など天気で増減するのですが、それでも空に降っている紫外線の1つではあるのです。

一年のうちに、紫外線の量が最も多くなっているのは5月から9月にかけてと言われます。5月の陽光はまだ夏の強さがないので、まだ紫外線の対処は考えないと考えている人も数多い様なのです。徐々に服装が増えて、袖丈や、パンツの丈が短くなって来ますので、そんな時こそ紫外線の対処方法が必須になるのです。

汗をかくという事も、夏の紫外線予防で気にしたいところなのです。UVカットは汗で溶けてしまうことがあるので、しょちゅう塗って、日焼け予防クリームの効果を維持しましょうね。

紫外線を遮断する作用がどのくらいあるのかは、日焼け止めクリームによって異なるため、SPF値を参考に、自分に丁度いいものを探します。SPF値の高い日焼け止めのクリームを1回にたくさん塗っておくよりも、数が低いものをこまめにする方が日焼け止めの効能があるといわれているのです。

日焼けどめクリームをつけるときには、肩や、鼻、おでこの様な、紫外線を受けてる場所は、何度もつけてください。

午前10:00から、午後2時までの間は、紫外線が特に多いというのを踏まえ出掛けるようにしましょう。紫外線の多くなる季節じゃなく、一年を通し、紫外線の対策を心掛けることがお肌の為です。

Comments are closed.